妊活塾 活性館

己の心の病を奇の力で妊活するべし

妊活サプリ葉酸サプリとは

・妊活サプリといえば葉酸サプリ?

「妊活」と一口に言っても、生活習慣の見直しやセックスの工夫など、その方法は様々です。
中でも簡単ですぐに取り組める方法として「妊活サプリ」の摂取があげられます。
そして、その中でも絶対に押さえておきたい妊活サプリと言われているのが「葉酸サプリ」です。
なぜ数ある妊活サプリの中でも特に「葉酸サプリ」が注目されるのでしょうか?
「葉酸サプリ」の効果、特徴などをみながら、その理由を紐解いていきましょう。

 

・そもそも葉酸とは?

葉酸はビタミンB群の一種で、ほうれん草の葉から発見された栄養素です。
代謝に関わりが深く、タンパク質やDNAの生成などを助け、体の発育を促進する働きがあります。
近年では、妊活中〜妊娠4ヶ月の時期に摂取することで、妊活や胎児の健やかな成長にも効果があることがわかり、このことが葉酸そのものに注目を集めるきっかけとなりました。
では、妊活や胎児の成長に対して、具体的にどのような効果があるのかみていきましょう。

1.女性の不妊に良い

…着床しやすくする

葉酸には、子宮内膜をフカフカに厚くする働きがあります。
フカフカで厚い子宮内膜は、受精卵の着床を助け、さらに着床した受精卵をしっかり守ってそこに定着させます。
着床率が高まるので妊娠しやすくなり、定着率も高まるので流産のリスクを低減することもできます。

…流産・死産のリスクを低減する

葉酸には、血液をつくったり、血液をサラサラにする作用があります。
着床後の受精卵は、血液によって運ばれる栄養や酸素を使って成長します。
つまり葉酸の働きで血流が良くなることにより、受精卵が正常に成長して流産や死産のリスクを低減することができるのです。

2.男性の不妊に良い

…精子の運動率をあげて受精を助ける

葉酸には、精子の細胞分裂に働きかけて正常な精子をつくりだす働きがあります。
そのため、精子の運動率の低下による「精子無力症」が緩和され、卵子との受精率を上げる効果が期待できます。

…流産・死産のリスクを低減する

染色体異常が少なく質の良い精子をつくりだすことにより、正常な受精が行われるようになります。
その結果流産や死産のリスクを低減することができます。

3.つわりを軽減する

つわりは、妊娠中に交感神経・副交感神経のバランスが悪くなることで起きると言われています。
葉酸にはビタミンB12とともに摂取することで、自律神経のバランスを整える作用があり、つわりを軽減することができると言われています。

4.赤ちゃんの障害のリスクを軽減する

葉酸にはDNAの生成を助ける働きがあります。
そのため、DNAの異常によって起こるダウン症や、神経管閉鎖障害など、先天性障害のリスクを減らすことができると言われています。

 

・葉酸はサプリで摂取

葉酸には妊活への良い効果がある一方で、摂取するうえでの欠点もあります。
それは熱や水に弱く調理中に破壊されてしまう点、体への吸収率が悪い点です。
妊活中に必要な葉酸の量は、1日に約400μgと言われていますが、吸収率が悪いという点を踏まえて、生のほうれん草を例に考えると、4束を食べてやっと必要量が摂取できるということになります。調理をするとなるとこの量はさらに増えることになります。
食品のみでまかなう難しさを感じずにはいられません。
葉酸サプリや妊活サプリは妊活の極みブログを参考にします。

この食品からの摂取が難しいという欠点こそが、葉酸の「サプリ」が注目される理由でもあるのです。
サプリであれば少量で効率よく葉酸を摂取することができます。
食品からのみで摂取が難しい以上、葉酸を摂取するうえでサプリの存在は必要不可欠と言っても過言ではないでしょう。

・葉酸サプリの注意点

葉酸サプリがどんなものなのか、なぜ注目されるのかがわかりましたね。
手軽に摂れるので、効果を期待するあまりたくさん摂りたくなってしまうかもしれませんが、それはいけません。
上限量を超えて摂取するとじんましんや呼吸困難などの副作用が出ることがあるからです。
葉酸サプリは規定量を守って摂取するようにしましよう。